シミと一口に言っても、その種類は様々あるのです。 シミの種類によって、その色や出方、出る場所などにも違いがあります。 まず、若い頃に浴びた紫外線の蓄積が原因で加齢と共に出てくるのが、老人性色素斑というシミです。 老人性色素斑には、直径数ミリから数センチの丸くて比較的濃い色の色素班が頬や腕、背中などに出るという特徴があります。 また、CMで一躍有名になった肝斑は、女性ホルモンが関係していると言われているシミです。 30代以降の女性の顔に左右対称に出るのが、肝斑の主な特徴になります。 それに、小さな薄いシミが、鼻や頬の広範囲に広がっているソバカスもシミの一種です。 その他にも、ニキビの炎症後に残る炎症性色素沈着と呼ばれるシミや、色が目立つだけでなく盛り上がりができてしまう脂漏性角化症というシミもあります。 それぞれのシミの原因によっても対処法には違いがありますから、自分のシミがどのタイプであるのかを正しく判断しなくてはなりません。